みんなと話せるブログ作り

*みんな友達*てっちゃんの仲良しブログ

アメリカのシカゴにあるブルース専門ライブハウスBUDDY GUYS LEGENDS・とてもフレンドリーで楽しいお店!!

2019/03/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -




2009年の話なんですが、単身初の海外旅行に行きました。
その時にシカゴに最初行き、本場のブルースを体感してきました!!

この記事ではその時の体験談や感想を書きたいと思います^^

単身での初の海外旅行

飛行機乗るの事態二回目にも関わらず、初めて日本を飛び出しました!!
税関通り抜けた瞬間に、あ、もう日本じゃないんだと感じました(まだ居るのは日本やのにw)
デルタ航空で行ったから乗務員も隣の人も外国人!!
緊張の中、初の一人海外旅行が始まりました。

今回の旅の場所はアメリカ



行先はアメリカ、今回の旅では三都市を回りました。
全部で、シカゴ・ニューヨーク・ボストンと回ったのですが、
今回紹介するのはシカゴでの体験談の一つです。

シカゴと言えばシカゴブルース


キャデラックレコードというタイトルで、シカゴを舞台にした映画も出来るほどブルースの盛んな都市です。
夜になると色々なお店でブルースの生演奏がされています。

黒人、白人、人種を問わずに色々な人が混ざって演奏されています。
お店によっては飛び入りセッションも出来るので、ブルース好きな人は是非参加するべし!!

ブルースミュージックとは

僕が知る限りですが、発祥は1900年代初期
南アメリカに奴隷として連れてこられた黒人が、自由を言葉にしてメロディーを付けたのが最初だと聞いています。

現に、ブルースの巨匠は殆どが黒人です。
MUDDY WATERS・ROBERT JHONSON・HOWLIN WOLF・B.B KING/etc
今でこそ白人のブルースミュージシャンも有名な方が沢山いますが、元々は黒人発祥の音楽です。

も黒人と白人では全く異なります。
黒人には独特のセンスがあります。

R&Bが生まれたのは、おそらく1940年代~1950年代初期だと思います。
3コードでのリズムは、1930年代には知る限りでは聞いたことはありません

今時のR&Bは偽物です

テレビの影響のせいもあり、伝える側がR&Bを理解していない為、
今の時代に言われているR&Bは基本的に偽物だということを知ってほしい。

正直雰囲気だけでいうキャスターが腹立たしいです。
勉強してから語れって思う。

ブルースっの意味語れますか?ってキャスターの人たちに言いたいよ。

シカゴブルース

アメリカには、シカゴブルースを筆頭に
デルタブルース・カントリーブルースがある。

デルタブルースは弾き語りをメインとしており一人でする人が多い。
カントリーブルースも弾き語りメインである。

それに対し、シカゴブルースはエレキギターを使用し、バンド形式での演奏というのを作り上げた。
これが1940年代後期の出来事である。

詳しく知りたい方は『キャデラックレコード』という映画を見ると理解できるだろう。

ブルースに関してはまた別記事で詳しく書こうと思います。

シカゴで立ち寄った目的のお店

BUDDY GUYS LEGENDS







ブルースミュージシャンの巨匠BUDDY GUY
この方が経営をするお店がシカゴにあります。

シカゴのダウンタウンの少し南側に位置し、連日沢山のお客さんで賑わっています。
お店の紹介をする前に、簡単にBUUDY GUYについて書いておきます。

BUDDY GUY


1936年7月30日生まれ。
ルイジアナ州レッツワース出身。

ブルースギタリスト兼ブルースシンガー。

1958年にデビューしシカゴで活躍を見せる。
他のブルースミュージシャンには無いテンションの高い演奏が好評で一気にスターダムにのし上がる。

MUDDY WATERSやHOWLIN WOLF、ERIC CRAPTONやJUNIOR WELLS等と共演している。

1989年にBUDDY GUYS LEGENDSを開店する。
2006年にはローリングストーンズの映画『SHINE A LIGHT』にゲスト出演もしている。

現在も現役として活躍している。

BUDDY GUYS LEGENDS店内




店内は結構な広さで沢山の丸テーブルが置かれています。
テーブルではお客さんがドリンク片手にブルースに酔っています。

流石は有名アーティストのお店だけあってステージも照明もしっかりしています。
演奏者は、それぞれのテーブルを回りながらギターを弾く場面もありました。



ワイヤレスなのにかなりクリアな音出していましたねー。

目の前で弾かれるギターは見ごたえありましたよー^^

店内では知らない者同士でもすぐにフレンドリーに

僕はアメリカに知り合いと呼べる人は一人もいません。
けれど、このお店では日本人の僕を快く受け入れてくれました^^





向こうから話しかけられて、かたくなな英語にも関わらずきちんと耳を方向けてくれました^^
スポーツの話をしたり、今度ニューヨークに行くからニューヨークのフェイバリットフードは何かと聞いたら
『HOT DOG』と口を揃えて答えてくれました^^

演奏していたミュージシャンの方とも記念撮影させて頂きました^^



こんな風にBUDDY GUYS LEGENDSでは楽しい時間を過ごすことが出来ます^^
一人で行ってもこんだけ楽しめるんだから、友達と行ったらもっと楽しめそう^^
あー、シカゴ行きたい。

まとめ

シカゴはブルースが盛んな都市である。
BUDDY GUYのお店BUDDY GUYS LEGENDSはとても楽しい場所^^
ブルースは黒人発祥である。

今回の記事ではシカゴのBUDDY GUYS LEGENDSというお店とブルースについて書かさせて頂きました。
本日も最後までお読み頂きありがとうございます。







 




 


                    
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© *みんな友達*てっちゃんの仲良しブログ , 2019 All Rights Reserved.