みんなと話せるブログ作り

*みんな友達*てっちゃんの仲良しブログ

フィギュアスケート選手の羽生結弦・ジャンプ失敗で右足を転倒により負傷!グランプリ10勝目は絶望的?

2019/03/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -




こんばんは^^
てつぺーです。

いやー、来週から一気に冬モードに突入するような予報が出てますねー。
皆さん体調管理は万全ですか?
急に寒くなるかもしれないので、暖かい格好で出かけてくださいね^^

さて、ちょっと心配なニュースが流れてきましたねー。
今や知らない人のほうが少ない有名人でフィギュアスケートの世界No.1選手

あの『羽生結弦』選手が練習中にアクシデントによる転倒を起こし足を痛めたみたいです。




前日のSPでは地震世界最高記録となる最高得点(自己ベスト)をたたき出していただけに、今回グランプリ10連勝の期待が掛かっています!

大阪市中央体育館に貼られたスケートリンクで公式練習をしている最中、フリープログラムのタイトルである『Origin』での練習中に起こった事故で4回転ループに挑んだ時に転倒してしまい右足を負傷しました。

『Origin』はロシアのフィギュア選手『プルシェンコ』のフリープログラムのタイトルです。
羽生選手はプルシェンコ選手をリスペクトしている為、プルシェンコ選手も使用していた『ART ON ICE』をベースにした新たな編曲で今回のグランプリに臨んでいます。

今回のグランプリには羽生選手以外にも日本男子選手から以下の選手が出演しています。

・宇野昌磨
・田中刑事
・友野一希
・佐藤洸彬
・山本草田

今回負傷した右足は平昌五輪の時にも負傷した個所(右脚靭帯)と重なることからメディアもそこを取り上げている。
しかし、負傷しながらも平昌五輪では金メダルを獲得していることもあり、今回も練習後に言った『大丈夫です』の一言を信じたいところである。

ただ、練習自体は転倒後は一度もジャンプを飛ぶこと無く曲が終わる前にリンクを後にしている。
怪我の度合いは本人と関係者のみしか解らないが、本番が本日の夜なだけに影響が懸念される。



まだ本番は始まっていないため、結果を見るまではどうなるかは正直解らないところである。

現在SPでの高得点により、二位のモリス・クビテラシビリ(GEO)との得点差は20.59と開いておりダントツTOPであることには変わりない。

しかし、フィギュアと言えば一つのミスで大きく得点が左右される種目。
本番でもし羽生選手にミスが起これば結果に大きく影響が出ることは明白である。

ただ、羽生選手は試合前にとある事を強くイメージしてから試合に臨んでいる。

ひすいこたろうさんの著書『前祝いの法則』にこんな事が書かれている。

羽生選手は開催国へ向かう飛行機の中で『自分が優勝して表彰台に上っているイメージを試合前に既に行っていた。』
それをすることで試合前にもかかわらず嬉し涙が溢れだしたと。






今回の試合も、こんなイメージを明確に強く持てていたらグランプリ10連勝も行けるんではないだろうか!?

そのイメージとは・・・

『怪我をした右足がとても軽く動いてる、気持ちがとても軽やかになってとても楽しく演技が出来ている!僕はそのまま順調に演技を最後までこなし表彰台の一番高いところに立っている』

こういうイメージを強く試合前に描くことが出来ていれば上手くいくんではないだろうか?

フィギュアは精神面が大きく影響される競技なだけにイメージは物凄く大切である。
気持ちを高めるために自信の好きな音楽を試合直前に聞いて望む選手も多い。

スケート靴の重量感、歯の研ぎ具合、スケート靴のフィット感、リンクの状態

細かな小さなことが試合に大きく左右Sれる。

羽生選手が調子を取り戻しグランプリ優勝を決め、表彰台の一番高いところに上りグランプリ10連勝をしてくれることを願うばかりだ。
良いニュースが聴けるのを期待しています。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。









この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© *みんな友達*てっちゃんの仲良しブログ , 2018 All Rights Reserved.