みんなと話せるブログ作り

*みんな友達*てっちゃんの仲良しブログ

簡単に出来る!漫画版伝え方が9割の内容が誰にでも出来る簡単な事が書かれていた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

これ、めっちゃお勧めです!

佐々木圭一さん著書の本

『伝え方が9割 マンガ版』

わかりやすいし、漫画だから視覚でも楽しめて、内容も入ってきやすい!

キャラも個性あって、読んでて飽きない!

是非読んでみてほしい一冊です!




佐々木圭一

株式会社『ウゴカス』取り締まり役代表

上智大学非常勤講師を務めており、作詞家でもある。

お勤め時代にうまくいかなかった体験を元に、伝え方には技術があることを発見する。

伝え方を変えただけで、人生がガラリと変わる。

そのおかげもあり、スティーブ・ジョブズおかかえのクリエーターリー・クロウのもと米国で2年間インターナショナルな仕事に従事する。

日本人初米国の広告賞One Show Designで金賞を獲得(Mr.Children)するなど、合計55個のアワードを受賞する。

また、Chemistry.郷ひろみの作詞家として、オリコンチャート1位を記録する。

著書『伝え方が9割』は、年間ビジネス書ランキングNo.1を獲得し、今なお売れ続けており、売り上げは120万部を超える。

質問(伝え方)の本質

質問にも色々ありますが、最近は質問の本質をきちんと理解して質問出来てない人が多いと思います。

特に、ケンカになった場合は答えを求めて、その答えが出ても解決しない事がとても多いと思います。

質問するという事は、その質問の先にある答えを見い出し、モヤモヤしているとこを解決する。という本質があります。

この質問の仕方がきちんと出来てなければ、質問されてる相手は受け取り方を間違えて、全く関係のない答えを出すというパターンもあります。

例えば『○○屋さんにはどうやって行けばいいですか?』

これだと、そこへたどり着くためにはどのような手段を取ればいいか?という受け取り方になります。

しかし、実はこの質問が道を聞いているだけだったら全く違う回答が来るのがわかると思います。

正しくは『○○屋さんには、この場所からどちらへ歩いたら着きますか?』

これが正解です!

このように、質問する時は、必ず本質を内容の中に入れなければなりません。

内容がきちんと伝わらない質問は、本当に知りたい情報を知れる質問にはならないでしょう。

この本を一言で言うなら

相手に理解して貰う、Yesを引き出す本

営業で物を進めるときや、頼みにくい事でも引き受けてもらえる方法が書かれています(^^)




こんな人に読んでもらいたい

・いつも仕事で意見が通らない人

もしかしたら、あなたの意見は相手が望んでいるものではないのかもしれません。

相手が望んでいる、又は必要としている。

そういう事を伝えれたら意見は通ると思います。

・この人にしてもらいたい、この人でないとダメな人がいる人

この本では、意中の相手や、仕事仲間の中で

この人でないとダメ、この人にしてもらいたい仕事がある。

そういう人にはこう言えばいい!という内容が書かれています。

是非読んで確かめてみてください(^^)

この本の魅力

うまくコミュニケーションが取れない、自分の言い分を聞いてもらえない

そんな方を、コミュニケーションがうまく取れるようになる。意見が通るようになる。

そういう風に改善してくれます!

ギクシャクした関係を改善してくれるのが、この本の魅力です(^^)

まとめ

伝え方一つで、NoをYesに変える事は可能である。

人間関係を良くしたい方には是非読んでもらいたい一冊。

今回の記事では、佐々木圭一さん著書の『伝え方が9割』について書かさせていただきました。

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© *みんな友達*てっちゃんの仲良しブログ , 2019 All Rights Reserved.