みんなと話せるブログ作り

*みんな友達*てっちゃんの仲良しブログ

【飲食業界】深刻な人手不足、その為に起こる時給合戦

2019/02/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -




こんばんは^ ^
てつぺーです。

いやー、もうね、大変なんですよ。
深刻な問題なんですよ。

今回は最近の世の中の仕事事情(人手不足)について書きます。

 

近年飲食業界は人手不足に悩まされている。

入ってきても直ぐに辞めたり、海外スタッフが増えた事で、日本語でのやり取りがなかなか出来ず、なかなか仕事が上手く進まなかったりするからだ。

さらには高齢化と様々な難題が経営者には今後も降りかかり続ける。

正直解決がとても難しい問題である。

雇用の%テージ事態は上がっている為、需要は高いが供給が追いついていない。
就活生も仕事を名前や企業の大きさで選ぶ人間が多いみたいだ。

高齢化が進み、介護や医療が特に不足気味である。

数年まえだが、
某有名牛丼チェーン店が違法勤務形態をしており、改善の為に人員を募ったが集まらず、半年位数店舗が休業に追い込まれるまでにいたった。

国もこういう事態を重く受け止めてるからか、最低時給の引き上げが各地で起こっている。

 

僕の地元の滋賀は、当時最低が600円代だったのが、今は800円位になっている(俺が学生の時初バイト時給720円、低すぎー)

当時ほんまに時給680円とかあったしね!
今からしたら信じられないやろね。

ただ
当時は供給に対して需要が追いついていなかった。
就職氷河期なんて言われていた程だ。

今も面接受けたら必ず受かるわけではないが、当時よりは人を必要としてる企業が多い事は間違いないだろう。

人を掻き入れる為
時給や日給を上げて雇用獲得に繋げる会社が沢山出ている。

しかし、その分会社の負担は増えるため、会社側もそういう傾向でありながらも人は選ぶ。

最近は面接で、『あなたは御社の為にどういう人材になれますか?』というような質問が多いみたいだ。
つまり、嘘は付けないのだ。
嘘ならばれる。

僕が働いていた飲食店でも
時給上がる前と上がった後では反応が全く違った。

あまり来なかった面接希望が格段に増えたのだ。

ただ、給料を上げる(人件費を上げる)ということは、その上げた分を何かで賄わないといけなくなる。

それが商品の値段だ(人件費の為とは言わず、材料費の高騰が理由と殆どの企業が言っている、僕が働いていた飲食店もそう言われた)

そりゃそういうしかない。
お客さんからしたら、人件費が上がったから商品の値段が上がったなんて言われたら気分が悪くなるだろう。

しかし、材料費の高騰(ここも裏付け取れる本当の情報でないといけない)と言われたら納得できなくもないだろう。

他に行っても高騰化が起こっているからだ。

僕もそうだが、同じ仕事をするにしても、給料が高いのと低いのとなら高いほうを選ぶ。
その分やる事は同じでもやる量は多いのかもしれない。

まあ、それは仕方ない事だと思う。
そうでないと雇う側も下手をしたら損になってしまう可能性があるからだ。
仕事量が多いということは、それだけ繁盛しているという証拠だ。

特に、飲食店はバイトだと給料が上がることはそんな簡単ではないため最初の給料で選ぶ人が多いと思う。
又は、自分が住んでいる地域も考慮するだろう。






いくら給料がよくても通勤に二時間も掛かるとかは嫌だろうしね。

後は、交通費が支給されるなら、それねらいで都会のほうの仕事(県内でも端のほうに住んでる人など)選ぶ人もいるだろう(僕も昔組んでいたバンドの練習が都心だったから、県の端から都心まで通勤していたことがある。)

時給だけでなく、賄があるとか、環境に配慮したりなど、色々な方向から様々な方法で戦略を練り人を募集する企業もあるだろう。

選ぶ側の視点で、どんな条件なら『この仕事をしたい』となるか?
そこにフォーカスを置く必要がある。

因みに僕なら
・家からの距離が片道30分圏内であること。
・交通費が出る。
・賄いがある。
・時給が自分が望む額以上である。
・時間と曜日を選ぶことが出来る。
・清潔感がある。
・電車通勤なら駅から徒歩圏内である。
・普通に夜中歩けれるくらいの治安である。
・自転車通勤が可能である。
etc・・・

今思い浮かんだ条件を書いてみた。

勿論、全て叶う仕事が見つかるとは限らないので、多少の妥協が必要になることもあるだろう。
選ぶ側も希望を100%求めたら仕事がなかなか決まらない事態にもなりかねない。

 

GDPとか、難しい言葉はわからないが、経済は少しずつ回復はしているらしい。
ただ、そこに働く人間がいなくなれば間違いなく低迷していく。
国会も政治家が今の3/1になりでもしたら成り立たない。

今後も人出不足は間違いなく加速する。
その一方
ロボットの需要が増えていく

実際、子供を育てる経済力を持てる人が今でも減っている中
今後はさらに少なることは確実である。
そうなれば、人間がしてきたことを代わりに出来る何かが必要になることからも
ロボットに頼らざるを得ない時代は事実必ずやってくる。

人間の仕事をロボットに任せる時代はもう目の前まで来ている。

僕は正直AIが怖い。
人間をAIが越えたら世の中がどうなるのかがわからないからだ。
飲食店も、中には今後ロボットが活躍するようなお店も生まれるだろうと思う。
そうなると

あなたはこの先どうやって稼ぎながら生きていきますか?

ご自身の将来に関わる大事な部分なので仕事に関してどうなるべきかを考えとくのと考えていないのとで未来が変わりますよ。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。




この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© *みんな友達*てっちゃんの仲良しブログ , 2018 All Rights Reserved.