みんなと話せるブログ作り

*みんな友達*てっちゃんの仲良しブログ

速報!!『スターウォーズエピソード9』予告編がついに公開されました!新タイトルは?

2019/04/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年12/20に公開が決まっている映画

『スターウォーズエピソード9』

その一部がついに映像として公開されました!

まだその内容や中身やタイトル、登場人物に関しての情報が一切ないまま、映像のみが公開されました。

前回のストーリーで、ルークが居なくなったことで、ついにジェダイがレイのみとなり、ある意味孤独な戦い的な部分も新作では描かれるのだろうか?

なんにせよ、スターウォーズファンとしては新作が楽しみであることに変わりはありません。




スターウォーズ

1977年にアメリカで公開されたSF映画。

監督をジョージルーカスが務め、ルーカスフィルムが制作を担当している。

模型を沢山作り、スタジオにセットを組み人の手のみで制作をされていた。

シリーズとしては、エピソード4から公開されており、1996年にエピソード1が公開されている。

最近では、アナザーストーリー的に『ローグワン』『ハン・ソロ』と公開されている。

今回制作上映されるのは、エピソード9になる。

今までのストーリー

エピソード1では、ルークスカイウォーカーの父であり、後にダースベイダーとなるアナキンスカイウォーカーがオビワンに師弟するところから始まる。

ダークサイドのシスは、弟子をエピソードワンでオビワンにやられたことにより、アナキンをダークサイドに引き込むために、アナキンの心に入り込みシスへと誘惑していく。

ダークサイドに落ちたアナキンは、師であるオビワンにより一度は死の間際に立つが、シスによりダースベイダーとして蘇ることになる。

ここまでが、エピソード3までの内容である。

エピソード4では、アナキンの子供であるルークスカイウォーカーが主人公として展開していく物語である。

生き別れた兄弟のレイア・オーガナとは、兄弟であるということを知らないまま、ダークサイドとの戦いに共闘することになる。

お馴染みのキャラクターのハン・ソロや、ランドカルリジアンチューバッカなども加わり、1~3には無かったコミカルさも混じるようになる。

フォースを極めるために、オビワンとともに修行をしていたルークだが、ダースベイダーによりオビワンがやられることで、唯一のジェダイの生き残りでもあり、ジェダイマスターヨーダに最後の学びを教わる。

ヨーダに学びを得たルークは、ダースベイダーが実の父親だと知り、何とか元に戻ってほしい思いでダースベイダーとシスに立ち向かう。

しかし、シスにより窮地に立たされたルーク、そこで初めてダースベイダーがアナキンとしての心を取り戻し、シスを葬りルークを助ける代わりに、自らが滅ぶことになり、ダークサイドは消滅し、平和な世界が訪れた。

ここまでがエピソード6までの話。




本来ならここで終わっていたスターウォーズなのだが、ジョージルーカスに代わり、J・J エイブラムスが新監督となり、全く新しいスターウォーズが始まる。

エピソード6から30年後の世界を舞台に、新たな主人公レイを中心に、まだフォースも知らない所から始まっていく。

ルークが表舞台から姿を消したことで、帝国軍の残党からファーストオーダーというダークサイドが誕生し、新たな脅威がルークに迫っていた。

ルークの兄弟であるレイアと、ハン・ソロの間には子供が生まれており、この子供にはフォースが宿っており、ルークが師となり修行を付けていたが、ある時にルークから刃を向けられたことでジェダイを信じられなくなり、ファーストオーダーの弟子となる。

フォースに目覚めたレイは、ハンとレイアの子供であるカイロ・レンと戦うことになる。

レイとしては、カイロをこちら側に戻したいことから、全力でその思いをぶつけるが、揺れ動くことはあったものの、カイロは今のところはファーストオーダーの手中だ。

しかし、エピソード8で、カイロ自身が師であるファーストオーダーを葬り、自身が事実上ファーストオーダーのトップになったことで、エピソード9では、カイロの行く末にも目が離せなくなった。

エピソード9のタイトルが発表された

スターウォーズシリーズ、正真正銘の最終作のタイトルが発表されました!

その名も『The Rise Of Skywaker』

しかし、スカイウォーカーはエピソード8で命を全うした事でスカイウォーカーの名は途絶えています。

ただ、レイアとカイロはスカイウォーカーの血を引いています。

そのため、この二人は間違いなくカギとなる事は間違いないでしょう。

ただ、レイアの役を演じていたキャリーフィッシャーは、2016年に急遽しており、今回のシーンでは、生前に撮影されていたシーンを繋ぎ合わせて編集される可能性があります。

新シリーズでは出ていなかったランドカルリジアンも、新作ではミレニアムファルコン号を飛ばすシーンが公開されています。

他にも懐かしいキャラクターや、新たな登場人物が生まれるのでしょうか?

なんにせよ、公開される2019年12月20日が楽しみなことに間違いはありません。

今現在解っている登場人物

新作では、昔からのお馴染みのキャラクターから、新シリーズでのキャラクターまで、多岐にわたり登場します。

現在解っている範囲では

・レイア・オーガナ

・ランドカルリジアン

・C-3PO

・チューバッカ

・カイロ・レン

・レイ

・ポー・ダメロン

・フィン

・BB-8

この面々は新作の映像にも登場していることから、物語の登場人物として挙げられる。

ナレーションでルークが語り掛けることや、ラストに、シスのパルパティーン(エピソード4~6で出てくるシスのボスであり、ベイダー卿の師匠)の不気味な笑い声があるのも気になるところである。

今後明かされていくであろう新作の内容は、今年全て明らかとなる。

まとめ

スターウォーズ最新作が2019年12月20日日米同時公開される。

お馴染みのメンバーに加え、懐かしいキャラクターも復活してくる。

カイロとレイの行く末はまだどうなるかわからない。

ルークは生きているのか?パルパティーンは死んではいなかったのか?

今回の記事では、スターウォーズの新作についての考察や振り返りを書きました。

本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました。




 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© *みんな友達*てっちゃんの仲良しブログ , 2019 All Rights Reserved.